So-net無料ブログ作成

山口シヅエ 週刊朝日 内容

山口シヅエ 週刊朝日 内容


日本人初の女性議員としての経歴を持つ山口シヅエさんが

2012年4月3日に死去していたと週刊朝日が伝えております。


しかし、週刊朝日は単なる死去のニュースとして報じていない

ようです。その内容とは??


山口シヅエさんの画像ありニュース
http://www.asahi.com/obituaries/update/1030/TKY201210300589.html


なぜ、死去の発表が今なのかについて、一般のニュースとしては、

山口シヅエさんが代表取締役を務めいた山口シヅエガーデンが

「故人の思いで誕生日の10 月31日まで公表を控えるとの

本人から指示があった」

とコメントを発表しております。


しかし、週刊朝日ではこの死去発表について、「隠蔽工作」が

あったのではないかという内容を報じているのです。


というのも、山口シヅエさんが死去後も介護ヘルパーを

定期的に派遣させたり、役所に提出義務のある死亡を

山口シヅエさんのいとこの名前を使用していたというのです。


また、山口シヅエガーデンの会社の登記簿謄本においても

山口シヅエさんが5月に代表取締役を重任(引き続き役職に就くこと)

する登記手続きがされていたということなのです。


しかも、上記内容のことを会社の元秘書が行っており、

親族にすら知らせていなかったというのです。



山口シヅエガーデンの元秘書は週刊朝日の取材に

「それも先生から言われていたことです。

先生は親族とは絶縁状態にあり、私が生前にいとこに会って

名前を使う許可を得ていました。

また、先生は神道ですので、死んだ後に祭壇にお神酒をあげたり

といった作業を、生前に親しかったヘルパーにお願いしていました。

生前はヘルパーは10人ほどいましたが、今は本当に親しかった3人で

回しております。お金はこちらからお願いしているわけですから、

問題はありません」

と、ヘルパーを派遣したり、死亡届をいとこの名前を使用した

事実は認めているものの、それは本人の意向であるという。


しかし、その後の取材については応じておらず、

連絡がつかないとのこと。


もし、登記手続きを死去後に山口シヅエさんの名前で

重任登記していたら、やはり問題のような・・・・。

死去が分かっていて、重任手続きは虚偽の届出に

なりますよね。


山口シヅエさんは日本人初の女性議員という偉大な存在

で、売春防止法制定に尽力を注いだとされています。


また、1980年には女性として世界初の国連平和賞を受賞、

1987年には勲一等瑞宝章を受章するなどの経歴を

お持ちです。


今後の展開が気になります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:ニュース

上田美由紀 生い立ち

上田美由紀 生い立ち


男性2人を殺害し、強盗殺人罪などに問われた鳥取市の

元スナックホステス上田美由紀被告。

その生い立ちとはどのようなものだったのでしょうか?


上田美由紀被告は鳥取県出身で鳥取市内の

小、中学を卒業しています。


そして、中学時代の同級生は

「うるさいぐらいおしゃべりな子」

「クラスメートが喜びそうな物をプレゼントしては、

相手の気を引こうとしていた」

と当時の印象をこう振り返っていました。


上田美由紀被告は中学卒業後に、同じ鳥取県内の

ストッキング製造工場などで働く。


その後に自衛官と出会い結婚します。


結婚当時は大阪で暮らしをしていましたが、離婚。

子どもを連れて鳥取に帰郷しました。


2000年に鳥取市内のホステスで勤務をすることになります。

そこで、お客さんらと次々と交際するようになっていたとのこと。


この5年間では、少なくとも10人と付き合っていたといいます。


上田美由紀被告の写真を見る限りだとぽっちゃりしているので、

そんなにモテるようにはみえませんが、

「ぽっちゃり型で、愛嬌(あいきょう)のあるホステス

甘えるのが上手だった」

と言われているように、そのぽっちゃり体型を

上手く利用していたのですね。


お客さんに対して関心を寄せるような会話をし、

近寄ってくる男性と交際するとお金を要求するように

なるそうです。

中には300万円渡した男性もいたとのこと。


甘え上手なところがある一方で、気性が荒い

部分もあり、喧嘩をするとフライパンで殴りかかる

といったこともあったそうです。


そんな上田美由紀被告の裁判が行われていますが、

裁判中でも黙秘を続けています。

午前10時から午後5時まで予定していた裁判が

40分で終わってしまうほどです。


果たして、どのような判決が言い渡されるのでしょうか?


上田美由紀被告の顔写真
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:ニュース

森岡まどか 死因 林圭二

森岡まどか 死因 林圭二


5月に福井県大野市の九頭竜湖で冷凍庫の中から

遺体となって発見された森岡まどかさん。


11月に失踪してから約半年後の発見で、白骨化

されていたということから、死因を判別することが

不明であるとのことです。


森岡まどかさん発見から5カ月後の10月に、

この事件で二人の容疑者が逮捕されました。


林圭二容疑者と渡辺智由容疑者。


二人は2002年に同じ職場で勤務経験があり、

常に共に行動していたということで、すごく仲が

良かったとのことです。


その中の良さからか、車も同車種を購入していました。


しかし、翌年に部下を罵倒するなどの態度がひどかった為、

解雇されたようです。


その後も二人は仲の良い関係を通続け、2006年ごろから

森岡まどかさんが勤めるキャバクラに通うようになりました。


月に10回通う時があったほどの常連客だったとのこと。


警察の捜査では、森岡まどかさんのノートに、

失踪直前の11月23日の日付と、林圭二容疑者を指すとみられる

「けいくん」との記載があり、2人の名前が上がりました。


森岡まどかさんは失踪直前に婚約をしていましたが、

その婚約者との最後の言葉が

「お客さんに誕生日プレゼントを渡してくる」

だったそうです。


お客さんの心をつかむために、ある程度の関係

になっていた森岡まどかさんと林圭二容疑者。


結婚直前の事件だけに、森岡まどかさんも

婚約者も悔しい思いをしていることでしょうね。


今のところ二人は容疑を否認しているとのことです。


FNN公式動画ニュースより↓


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:ニュース
Copyright © 最新ニュース紹介センター All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。